FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コミュニティ検索 »
動物園 | 2007/04/02(月) 10:44
目覚めのクー



クーが・・・!

クーが起きた!!!



人工冬眠のクマ、お目覚め 東京・上野動物園
2007年04月02日 8:10 【共同通信】

 国内で初めて冬眠中のクマの展示をしていた東京・上野動物園で、昨年12月中旬から人工的な冬眠状態に入っていた雌のツキノワグマ「クー」(推定2歳2カ月)が、約3カ月ぶりに目覚めた。体重は冬眠前より約11キロ減ったが、現在は外で元気に動き回っている姿が見られる。

 クーは3月に入ると穴型のブース(約4平方メートル)を出て、水を飲むようになった。ブースの室温を徐々に上げると、17日に冬眠後初めて、餌のキャベツを食べてふんをしたことから、その後、同園は冬眠から目覚めたと判断した。

 動物園で飼われているクマは冬眠せずに餌を食べるため肥満気味で動きが鈍いが、冬眠したクーはスリムで動きも軽快、野生の姿に近いという。

 同園は昨秋、クーを冬眠させる試みを開始。一時的に餌を増やして太らせた後、室温を下げて絶食させると、一日中眠るようになった。

スポンサーサイト


コメント (3) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 » くま
動物園 | 2007/03/30(金) 10:38
20070330おかあさん



毛布が母代わり?=ドイツ

3月29日13時15分配信 時事通信

ベルリン動物園で毛布と戯れるシロクマの赤ちゃん「クヌート」。育児を放棄した母グマに代わり、飼育係が育てている。愛くるしいしぐさでたちまち動物園の人気者となり、来園者は数千人も増えているという(28日)(AFP=時事)




・゚・(ノД`)・゚・。


コメント (3) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 » くま
動物園 | 2007/01/28(日) 11:45
マレーグマの赤ちゃん


 カメラマンGJ!!!!


 つかあざといくらい可愛いな・・・


マレーグマの赤ちゃん今日から公開 のいち動物園

 香南市野市町の県立のいち動物公園で、絶滅の恐れのある希少動物、マレーグマの雄の赤ちゃんが誕生し26日、報道陣に公開された。同園では4頭目で、職員らは「マレーグマは繁殖、成育が難しく、4頭も成功したのは国内でも珍しいのでは」と喜んでいる。

 マレーグマは東南アジアなどに生息し、体長1・2メートルほどでクマ科では最小。ワシントン条約1表(商業目的の国際取引の禁止)に掲げられており、国内では約30頭が飼育されている。

 今回の赤ちゃんは昨年10月に生まれ現在、体長約60センチ、体重約5キロ。母親のタオチイに付いて屋内展示場を走り回ったり、後ろ足でフラフラと立ち上がっては尻もちをつくなど愛らしい姿を見せている。一般公開は27日から(午後1時―閉園)。

 同園は赤ちゃんの名前を募集している。名前と理由、郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、〒7815233、香南市野市町大谷738、県立のいち動物公園まで。同園内にある専用用紙、Eメール(noichizoo@k9.dion.ne.jp)でも受け付ける。応募は1人1通。締め切りは2月13日(消印有効)。名付け親には記念品が贈られる。問い合わせは同園(0887・56・3500)。



コメント (2) | トラックバック (2)
コミュニティ検索 » くま
動物園 | 2007/01/25(木) 13:42
What's your name?



 なんつーかもういろいろとありえん(;´Д`)ハァハァ


子パンダ18匹の名づけ親募集(3)毛づや自慢の双子の姉―四川省臥龍市
1月25日13時1分配信 Record China

今回レコードチャイナがご紹介するのは、2006年8月10日生まれの女の子。四川省臥龍(がりゅう)パンダ研究センターの2006年初の双子で、出生時の体重は179.8g。現在は9.6kgに成長した。人懐こくとても元気で、毛にはつやがあって柔らかい。遊び疲れてころんと横になり、うとうとしているところをカメラにおさめた。小さな愛らしい手も、ぜひよくご覧いただきたい。

※レコードチャイナは中国パンダセンターの依頼を受け、昨年臥龍パンダ研究センターで生まれた18匹のパンダの子の名前を大募集しています。それぞれの特徴をうまく表したすてきな名前のご応募を、スタッフ一同お待ちしています。

●応募の際の必要事項
・漢字2文字の名前(2つの漢字が同じである必要はありません)
・名前の由来
※タイトルもしくは本文中に、何番目のパンダの子の名前であるか銘記ください。

●応募先
info@recordchina.co.jpまで。ドット(.)を半角に直してからお送りください。締め切りは2月4日午前0時。

採用の場合、名前の使用権をパンダ研究センターに譲渡させていただきます。

主催:中国パンダ研究センター



コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 » ぱんだ
動物園 | 2007/01/03(水) 16:59
ミドリちゃんの書初め




 ミドリちゃんのが字がうまい・・・_| ̄|○



フェニックス動物園でゾウの書初め

 宮崎市の市フェニックス自然動物園で2日、アジアゾウの「たいよう」(雄、6歳)と「みどり」(雌、6歳)の書き初め式があった。力強く「正月」の2文字を書き、帰省中の親子連れなど集まった約100人の見物客を喜ばせた。

 2頭はこれまでも、お絵描きなどに取り組んできたが、習字は初めて。タイ人の飼育係に漢字を覚えてもらい、約1カ月間特訓を重ねた。

 2頭は筆を鼻でにぎり、2、3分かけて書き上げると、観客から「おめでたい」などと感嘆の声が上がっていた。

 書初めは3日の午前11時と午後3時半にも行われる。

【写真】「正月」と書くアジアゾウのミドリちゃん=2日午前、宮崎市・市フェニックス自然動物園

2007年1月2日 宮崎日日新聞



コメント (1) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
動物園 | 2007/01/01(月) 14:30
乳母




 ピンク・・・(;´Д`)ハァハァ




【大変だ!】猪年だから?…子トラの母はブタ

 タイ中部チョンブリ県のトラ園でブタがトラの赤ちゃんの母親代わりに授乳、来園者の人気を集めている。タイでは、2007年のえとはイノシシではなくブタ。同園は「ブタ年に大きく育ってほしい」としている。
 同園によると、母トラの死をきっかけにブタに授乳させたところ成功。トラよりも乳の出がよいため、9年前からすべての子トラが「母ブタ」の世話になっている。同園では毎月1-5頭の子トラが誕生しているという。(共同)





乳兄弟

タイ中部のトラ園で、ブタの乳を飲んで育ったトラと同じおりに入った子ブタ(共同)


コメント (1) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 » ぶた
動物園 | 2007/01/01(月) 14:02
キリンのユウマ



荒川静香さんに負けない キリンも「イナバウアー」 札幌・円山動物園【写真】  

2006/12/31 06:52 北海道新聞

 札幌市円山動物園のキリン「ユウマ」(雄)が、荒川静香さんに負けない「イナバウアー」を見せ、話題を呼んでいる。

 華麗な技を見せるのは、同じキリンで大好きな「たかよ」(雌)が隣のおりから移され、いなくなったとき。おりの中をうろうろし、首をぐっと反らせるという。

 飼育員によると、この行動は、たかよと離された「ストレスが原因」。もちろん、今年一年を振り返っているわけではない。新年こそ、得意の技でたかよを振り向かせることができるか-。



 何でもかんでもイナバウアーかよと思ったけど、wiki見たらちょっと感動した。
 我ながら安いwww

イナバウアー

イナバウアーはフィギュアスケートの技で、足を前後に開き、つま先を180度開いて真横に滑る技である。

1950年代に活躍した旧西ドイツのフィギュアスケーターであるイナ・バウアー(Ina Bauer)が開発したのでその名が冠された。

2006年のトリノオリンピックで話題になった、荒川静香の体を反らすイナバウアーは、「レイバック・イナバウアー」と呼ばれる。






コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
動物園 | 2006/12/28(木) 13:56
クマのクー



クマの「クー」が人工冬眠 国内初、上野動物園で公開

 東京・上野動物園(小宮輝之園長)で、雌のツキノワグマ「クー」(推定1歳10カ月)が人工的な冬眠状態に入り、冬眠した状態のクマが国内で初めて一般公開されている。

 前例がないため冬眠と断定できる明確な根拠はないが、クーが18日ごろから1日中寝ている状態で、通常1分間に約10回の呼吸数が3回に減ったことなどから、同園は「冬眠状態に入ったと思っていい」としている。

 クーは昨年5月、新潟県朝日村で保護された。引き取った同園は今秋、冬眠中の生態を調べるため人工的に冬眠させる取り組みを開始。餌を増量して脂肪を蓄えさせた後、餌を徐々に減らして今月中旬から絶食させた。

 室温を零度前後に下げて冬眠を促した結果、クーは枯れ葉を敷いた暗いほら穴型の冬眠ブース(約4平方メートル)に入り、徐々に長時間眠るようになった。

 今後は眠りを妨げないようにして、呼吸数や心拍数を計測しながら注意深く見守る。同園のツキノワグマは2頭おり、飼育担当者は「通常の飼育環境の1頭は外で元気に動き回っている。クマの生態を考えるいい機会になれば」と話している。

2006年12月28日 6:23 【共同通信】




 暖冬なのにと思ったら強制冬眠だった。
 しかし雪降りませんなあ。


コメント (1) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 » くま
動物園 | 2006/12/25(月) 15:13
マレーグマのツヨシ



「悩むクマ」、ポーズやめる 最愛のパートナー失い…

 前脚で頭を抱えるポーズで「悩むクマ」として人気を呼んだ徳山動物園(山口県周南市)のマレーグマ、ツヨシが肝心のポーズをしなくなった。同じクマ舎で暮らしていた雌のレーコが今月初め、23歳で死んだのがきっかけだ。最愛のパートナーを失い、本当は悩んでいるかもしれないのだが……。

 一回り体格がいいレーコに見つめられると、ツヨシは餌を落とし、頭を抱えている間に食べられてしまう。そんな2頭が脚光を浴びたのは昨夏。餌をやる時間を動物園が「ぱくぱくタイム」と題して公開したところ、夫婦漫才のようなこっけいな姿が人気を呼び、昨年度の来園者は前年度に比べて一気に約3万8000人増えた。

 ツヨシは94年、業者から買われて徳山動物園に来て、園生まれで8歳上のレーコと出会った。「悩みのポーズ」はその頃からしていたらしい。

 異変が起きたのは今年10月。レーコが餌を残すようになり、体力が落ちていった。寝室から出られなくなると、ツヨシはすき間から寝室の様子をうかがった。レーコが肺炎で死んだ5日朝も、飼育係が集まるレーコの寝室を見つめていたという。

 レーコの死後しばらくは、そわそわしたようなそぶりを見せていたツヨシも、最近は落ち着いてきた。

 ただ、2頭では最後となった11月23日の「ぱくぱくタイム」の後、ツヨシは頭を抱える姿を見せていない。「レーコあってのツヨシ。悩むポーズはもう見られないかも知れない」と、飼育係の平岡大宙さん(25)は話している。

朝日新聞 2006年12月25日10時04分




 ツヨシに対してどういう感情を抱くかで、なんか色々とバレそうな気がする・・・!!!!


コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 » くま
動物園 | 2006/12/25(月) 13:48
梅梅と赤ちゃんパンダ



パンダの「梅梅」に双子の赤ちゃん 和歌山・白浜

 和歌山県白浜町の観光施設「アドベンチャーワールド」は24日、飼育中のジャイアントパンダ「梅梅(メイメイ)」が双子の赤ちゃんを出産した、と発表した。23日に生まれ、雌雄は不明だが、2頭ともお母さんの胸に抱かれ、母乳を飲み元気。早ければ27日にも公開できるという。

 午後2時50分ごろから同4時55分にかけ、相次ぎ生まれた。1頭目は体重196グラム、2頭目は84グラムだった。父親は、同施設の永明(エイメイ)。同施設のジャイアントパンダは、これで計8頭になった。

 梅梅は、00年7月に中国から白浜に来た。以来、今回で計8頭を出産、このうち3回続けて双子だったが、昨年は出生後に1頭が死んだ。双子を育てるのは難しいとされるが、梅梅は03年に生まれた隆浜(リュウヒン)、秋浜(シュウヒン)を上手に育てており、今回も2頭の無事成長が期待される。

朝日新聞 2006年12月25日03時08分




 赤ちゃんが思ってたよりデカイ。

 さすが大熊猫・・・!


コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 » ぱんだ
プロフィール
 

ぴこぷん

Author:ぴこぷん

カレンダー(月別件数付き)
 
ブロとも申請フォーム
 
リンク
 
ブログ内検索
 
ペンギン

ひよこティッカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。